FC2ブログ

プロフィール

ヤ~ルーの会新潟

Author:ヤ~ルーの会新潟
2010.3月より新潟市で沖縄基地反対街頭PRを行っています。
毎月第1日曜日17:00-18:30に新潟駅前ブラザービル下を中心に街頭に立っています。
お問い合わせは下記メールフォームよりお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.4月の街頭PR報告

20120401

 今回の駅前行動は警察に届け出の際、他の団体が駅前を使用するということで、万代シティに変更して行いました。ビル風が吹き抜ける寒い日で、アピールを持つ手もかじかんでしまいました。
 幸恵さんが「辺野古 高江に注目を!」と「日米安保終結をというアピールを持参。渡辺は前回同様の「米軍への思いやり予算は被災地救援へ 米軍への思いやり予算 一日あたり5億円」というアピールを持参しました。
 50歳代?の女性と対話(にはなりませんでしたが)しましたが「私の息子が沖縄へ行った時に『ヤマトンチュは嫌いだ』と言われた。沖縄の人たちはいつまでも恨み節を言ってないで、気持ちを切り換えるべき時だ。中国が沖縄を取ろうとして狙っている。(?)そんな時にアメリカの抑止力がなければやられてしまう。北朝鮮もミサイルを打ち上げると予告している。国力を上げなければ、日本という国が亡くなるかも知れない。等々」中国や北朝鮮の脅威を信じ込んでいる人に、「そんなことはマスコミが危機感を煽って・・・」などと言ってみても、聞く耳を持たないですね。
 なにより「沖縄の人達はいつまでも恨み節を言ってないで、気持ちを切り換えて・・・」と考えていることが、悲しく悶々としてしまいました。沖縄から帰ってきて、阿波根昌鴻さんの「米軍と農民」を読んだので、なおさら(こんな人々の歴史も闘いも知らないで・・・)と情けない気持ちに。でも、その女性 松井さんの高江の話に「そういうこともわかるようにチラシにしてくれたら、それを読んで署名する気になるかもしれないけど、今はできないわ。」と言って去って行きました。その女性の言葉に、へこんでいましたが、私たちはそういう人と対話するために駅前行動をしているのだ、と思いなおしました。彼女の「チラシに」という言葉に今後の活動のヒントを頂いたと思っています。
 「敵はアメリカでも日本政府でもない、自分の中の無力感です。」堤 未果さんの言葉を思い出し、顔を上げて前向きに!

  渡辺 直子


追記:日曜日なのに制服姿の男子学生が歩みでて、高江ヘリパッド建設と裁判反対の署名に協力してくださいました。  「脱原発世界会議」で出会った「ジュゴン保護キャンペーンセンター」から託された折り紙のジュゴンを手渡しました。「このジュゴンは3つ願いごとをかなえるよ」というと、「じゃあ、1つめは・・・」とうれしそうに考え始めました(阿部)。 
スポンサーサイト

<< 2012.5月の街頭PR報告 | ホーム | ワタゲ広場で沖縄訪問レポート報告会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。