プロフィール

ヤ~ルーの会新潟

Author:ヤ~ルーの会新潟
2010.3月より新潟市で沖縄基地反対街頭PRを行っています。
毎月第1日曜日17:00-18:30に新潟駅前ブラザービル下を中心に街頭に立っています。
お問い合わせは下記メールフォームよりお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊波洋一さん講演会

 ブログでは発信が遅れましたが以下の講演会が行われます。
 お近くの方は足をお運びください。

伊波洋一さん講演会
「沖縄の基地問題」を考える

5/23
18:00-20:00
新潟ユニゾンプラザ大研修室
入場無料


プロフィール
1952年生まれ。沖縄県宜野湾市出身。琉球大学理工学部物理学科卒。宜野湾市職員、沖縄県議会議員2期を経て、宜野湾市長(2003-2010)。沖縄県内市町村で初めて中学までの入院費無料化を実現。普天間基地問題解決のため3度の訪米要請行動。国会の安全保障委員会や外務委員会に招かれ訴える。

☆東日本大震災により、日本のエネルギー政策の転換が求められています。「電気は欲しい、でも危険な原発は近くに来て欲しくない」という欲求が、結果的に原発を一部の地域に押しつけることになりました。「沖縄の基地問題」もまさに同じ構造にあります。「日米安保は欲しい、でも米軍基地は近くに来て欲しくない」という欲求が、結果的に沖縄に米軍基地を押しつけることになっています。しかし、昨年の沖縄県知事選挙で、普天間基地の県内移設に賛成をしていた仲井真知事でさえ、県内移設反対を主張しました。沖縄の世論では、米軍基地をこれ以上沖縄に作らせないことで一致しています。普天間基地はどこに移設すべきなのでしょうか。これは「沖縄の問題」ではなく、今は「本土の問題」でもあります。普天間基地を考えることは、日本のこれからの在り方を考えることでもあります。普天間基地のある宜野湾前市長の伊波さんとともに、これからの日米関係、そして日本の在り方を考えましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。